最新ビジネス情報発信サイト 「作戦本部」

「最新ビジネス情報発信サイト」新規事業開発・新商品開発・地方創生.・教育など、最先端の情報からビジネスを成功へ導こう

【戦闘力1,000,000】 スーパーソーシャルメディアはここだ!

国内主要WebメディアのFacebookページのいいね!数、およびTwitterアカウントのフォロワー数の合算値(2016年7月25日時点)を集計、インフォグラフィック化。国内で多数のソーシャルフォロワーを持ち、SNS力の高いメディアは『日経新聞電子版』『モデルプレス』ということが分かった。
株式会社Greenromp(東京都新宿区:代表 野田貴大)は、国内主要WebメディアのFacebookページのいいね!数、およびTwitterアカウントのフォロワー数の合算値(2016年7月25日時点)を集計し、インフォグラフィックとしてまとめました。

<Webメディア ソーシャル力調査2016の結果>

2014年に続く第2回となった今回調査では、調査対象を152メディアに拡大。
集計の結果、最もいいね!数およびフォロワー数を獲得しており、ソーシャル力が強いと考えられるメディアは『日経新聞電子版』、その数は延べ200万以上でした。次点の『モデルプレス』も200万人にせまるフォロワー数を保有し、共にソーシャルメディア上で大きな影響力を持っていると考えられます。

なお、両サイトは前回調査でも最も多いフォロワーを保持していた2サイトでした。(前回の延べフォロワー数:『モデルプレス』約140万、『日経新聞電子版』約107万)

今回調査では各メディアを“総合ニュース” “女性向け” “ビジネス・経済” “趣味・専門”の4カテゴリーに分類。ジャンルごとの集計のほか、上位サイトをサマリーとしてインフォグラフィックとしてまとめています。

一昨年と比較すると、全体として各メディアのフォロワー数は増加傾向。100万フォロワーのフォロワーを超えるスーパーソーシャル力メディアも、一昨年2メディアから5メディアへと増えています。

上位に多かったメディアジャンルは新聞・女性向け・趣味。生活に欠かせない世の中のニュースを広く紹介する新聞を母体とするメディアが多くの人のフォローを集める一方、趣味や趣向に合わせた情報を届けるメディアも多数のフォロワーを獲得する傾向にあるようです。

メディアや企業から発信される情報が増え続ける一方で、消費者が受け取れる情報は一定。そんな中で常に情報を届けられるユーザーの人数であるメディアアカウントのフォロワー数は、今後もメディアの価値を決める重要な指標の一つとなってくると考えます。

<Webメディア ソーシャル力調査について>
これまで、インターネット上のサイトパワーの指標としてはPV(ページビュー)が中心となっておりましたが、Facebook、Twitterを始めとしたソーシャルメディアの台頭により、個人による情報の二次伝達の価値が上昇しています。

メディアを経由してソーシャルメディア上でどう話題を作っていくかという点、つまりメディアの持つソーシャル力も重要な視点になってくるのではないかと考えられます。

ソーシャルメディア上での口コミとサイトPVに相関関係が生まれることは言うまでもなく、広報・PR担当者のメディア選定時の指標として新しい価値軸になっていくことが予想されます。

メディアのソーシャル力については定期的に調査を実施、今後も各メディアパワーの変化を分析してまいります。
※メディアの選定について、今回の調査は弊社が任意にピックアップした国内日本語152メディアの調査結果となり、全てのメディアを対象にしたものではございません。

<調査結果、PRについてのお問い合わせ先>
株式会社Green romp(グリーンランプ)
WEB&TVPRチーム:三橋
03-6380-4694
info@green-romp.com
http://green-romp.com/

ABOUT THE AUTHOR

Kamoshida
プロデューサー / 作戦本部株式会社代表取締役
新 事 業・新 商 品・新 店 舗 開 発 な ど「 0 」か ら「 1 」を 生 み 出 す こ と を得意とするビジネスプロデューサー。経産省クールジャ パンの芽プロデューサー / 6次産業化中央サポートセンター プランナー/阿佐ヶ谷アニメストリートプロデュース・運営 / 2k540内 cafe ASANプロデュース。

コメント

Return Top